薬学部進学でお金には苦労しました!親に感謝

私は高校、大学と私立学校に通っていました。特に大学は薬学部だったので学費は膨大なものでした。現在の薬学部は6年制ですが、私が学生だった時代はまだ4年制でした。

それでも4年間の学費や教科書代、実験費用、その他もろもろ考えると、トータルで1000万円ほどかかったように思います。もし仮に6年制がもう少し早くから導入されていたら、金銭的に厳しいので薬学部進学は本当に諦めていたかもしれません。

薬学部に興味を持ち始めたのは高校2年生の頃でした。もともと私は理系で、資格を取得できて就職に有利な学部に進学したいと考えていました。そんな時に某薬科大学のオープンキャンパスに参加して、その魅力に引き付けられ薬学部を目指すことにしました。

その頃は漠然と薬学部に入ることを考えていましたが、冷静に学費を考えると、正直親に言い出しにくかったです。さらに私には4歳離れた妹がおり、そちらにもお金がかかること、また私は高校も私立学校に通っていたので、親に負担をかけ続けていたことなど色々考えました。

ただ私の両親は2人とも子供の意見を否定するようなことは一切しない性格でした。

自営業を営んでおり、景気が悪い時は生活に困るような時期もありました。そのことを子供に感じさせないように普段から努力をしていたようで、私が薬学部進学を希望した時も決して生活にゆとりのある状況ではなかったにもかかわらず大賛成してくれました。

国公立大学に行ければよかったのですが、偏差値が相当高く私には手が届きませんでした。結果、私立薬科大学を3校受験・合格したので、学費が一番安く済む大学を選択し、自宅から片道2時間かけて通うことと奨学金を受けることでなんとか入学、卒業、そして薬剤師免許も取得できました。

親には金銭的にかなりサポートしてもらいましたが、奨学金に関しては就職して全て自分で返済しました。親には感謝の気持ちでいっぱいです。

借金ブログ

日々の生活の中で借金を思い出す瞬間が有る。

何歳になってもお金に困らない為には、いかに稼ぐか!?よりもどうやって普段の生活を自分の中に落とし込んでいくか。

ゴルフの魅力。スコアにこだわる段階へ

ゴルフが好きな方はいまどんどん増えているかと思います。実際にゴルフ場に行っても、ご年配の方から若い女性まで本当にいろいろな属性の方がゴルフを楽しんでいます。
実は私もそのうちの一人です。ではそのゴルフの魅力とはどんなところにあるのでしょうか。

まずは何といっても生涯スポーツとして長く続けられるところです。年齢によって様々な楽しみ方があります。若いころ、年齢を重ねてからといろいろな楽しみです。競技スポーツとしての楽しみ方もあれば、友人や知人との交流の場、さらにはビジネスのきっかけとしても楽しむことが出来るのがゴルフの魅力です。

個人的には今、スコアをあげることをメインに楽しんでいます。100を切ることができて、次はいかに90に近いスコアでラウンドできるように上達でくるかどうかがポイントです。

もちろん、わたしのまわりには似たような目標をもってゴルフと向かい合っている方々も多くなっています。しかし、そんなわたしも年齢とともにかわってくるだろうなと思います。それは、とにかく長い期間、友人との交流の場として楽しみたいという気持ちになってくるだろうなと思うからです。周囲でもご年配の方々のゴルフの楽しみ方は少しずつスコアから人間関係にかわりつつあります。

また、ゴルフはひとぞれぞれのアプローチがあり、上達方法も人ぞれぞれです。

こうしてゴルフには人ぞれぞれの楽しみ方があり、そして長い期間楽しむことが出来るという素晴らしいメリット、魅力があります。きっとこれからも多くの方々にこうした魅力を私としては伝えていきたいと考えるのと同時に同じ楽しみや喜びをゴルフを通じて味わってもらいたい、感じてもらいたいと考えています。

飲み物をこれ以上に美味しく飲む方法は無いと思います。

私が集めているもので真空断熱タンブラーというコップがあります。
これはもうコップとしての最高の商品だと私は思います。

何故最高なのだというと、冷たいものを冷たいまま、暖かいものを暖かいまま飲む事ができるのです。
これって当たり前だと思うかもしれませんが、普通のコップでは叶える事が難しいのです。

それは誰しも思っていると思います。

夏に折角冷たい飲み物を買っているのに暫くしたら温くなってしまっており美味しくなくなっていた経験は誰しも経験している事ですよね。
家でも氷を入れて冷たくして飲んでいても暫くしたら氷が溶けてしまいその氷が溶けた水のせいで飲み物の味が薄くなり美味しくなくなってしまい捨ててしまうという事もありますよね。

冬に暖かいコーヒーを淹れても暫くしたら温くなって美味しくなくなってしまいますよね。

飲み物の基本、それは冷たいものは冷たい状態で飲み、暖かいものは暖かい状態で飲む事です。

これが最も飲み物を美味しく飲む基本であり、秘訣でもあります。

ワイン等は空気を入れたり、グラスの温度で味を変えたり等といった事があるので仕方がないのかもしれませんが、とにかく夏のジュースや冬のコーヒーが温くなってしまったらもう台無しで飲む気が失せてしまいます。

ですが難しい事にずっと飲んでいるだけという訳にはいきませんよね。

何かをしながら飲み物を飲むという事が基本だとは思いますが、通常のコップですと何かをしていたらその間に飲み物が温くなってしまうのです。

だからといって毎回少量しかコップに注がなかったら毎回毎回お代わりしにいかなくてはいけなくてそれもそれで面倒ですよね。
そこで真空断熱タンブラーなのです。

これは飲み物の温度をしっかりとキープする能力を秘めており、夜中に氷を入れて作っておいたジュースが朝起きてもまだ氷が残っているという通常のコップでは有り得ない効果を発揮してくれるのです。

ですのでいつまで経っても飲み物が美味しいまま飲む事ができるのです。

そしてそれは暖かい飲み物でも同様で、とにかく美味しい状態の温度をキープしてくれるので味が薄くなったりというトラブルも無く本当に飲み物が美味しく飲む事ができるのです。

そしてこの真空断熱タンブラーのもう1つのメリットがガラスではないので割れないという事です。

通常のコップですとセトモノやガラスですのでどうしても衝撃に弱く落としてしまったりするとすぐに割れてしまいますが、真空断熱タンブラーは違います。

多少へこんでしまったりという事はあってもガラスみたいに飛び散ってしまう事はありませんので安全面でもとにかく強いのです。
美味しく飲めて安全性も高いというもうとにかく優れモノなのです。

飲食店も全てこのコップにすれば最初のコストが高くても、割れたりしないので将来的にはプラスなのではと思うのですが、値段が多少張るので難しいのかなと思ったりしますが、とにかくこのコップを一度使ってしまうともう他のコップは使えません。

やはり飲み物の温度というのはとても重要な要素であるといえます。